2013年7月23日火曜日

宇宙人・魂の転生 人魚の星 竜宮界の起源


ある方の前世を見たときのビジョンです

その星は水の惑星でした



陸地は少なく、惑星の大半を淡水の海が満たしています

その星に、地球で言う人魚と呼ばれる姿をした生き物が生きていました

そこでは天敵はいないようで人魚たちは平和に暮らしています

水中で歌ったり、仲間と一緒にシンクロナイズドのように優雅に踊る姿も見えます

腰の辺りに対のヒレがある以外は、地球で言われる人魚の姿そのものです

他にも、ジュゴンのような生物もいます

たいへん温和な生き物で、地球のジュゴンより大きく、十メートルくらいあるのではないかと感じられます

そうした星から転生してきた方は、地球での前世で、湖の畔にある神社で巫女さんをしていました

日本では竜宮界という世界のことが語られていましたが、どうもこの星の魂のゆかりのある世界ではないかと感じられます

おそらくこの星から来られた魂が、霊的世界の磁場において、竜宮界と呼ばれる世界を作り出して、そこで住んでいるのではないかと思われます

以前書いた「宇宙人の転生 愛と献身と美の魂 妖精の起源 植物型の知的生命体」において、妖精の起源と思われる星について書きましたが、この星は人魚伝説や、竜宮界の話しの元になった星かもしれません

この星の方は、優雅さ優美、純粋なこころなどを特徴とし伝える魂のようです

関連記事

ブログランキング に参加しています
この日記の記事がよいと思われましたら応援クリックお願いいたします
いつもありがとうございます


スピリチュアル ブログランキングへ

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
にほんブログ村

0 件のコメント:

コメントを投稿

コメントは管理人の承認後に表示されます