2017年3月14日火曜日

小沢健二さんの前世


日本のシンガーソングライターの小沢健二さんについて質問がありましたので取り上げてみます



代表曲は「ラブリー」や「さよならなんて云えないよ」、「今夜はブギーバック」などがあるそうです

わたしは全く存じ上げない方でしたが、90年代には渋谷系王子のオザケンと言われて人気があったようです

この方は前世において、西洋で生まれられた時に、何か物書きをされていたようです

男性で、ランプのもとで、鳥の羽のついたペンをもって、紙に一生懸命に何か書いています

物語というより、詩のようなものかと思います

同じ作家仲間の中で、自分の作った詩を、歌いあげるように読んでいる姿が浮かびます

そうした文字を書いて暮らした人生が、今世のシンガーソングライターとしての下地になっていたのでしょう

関連記事

↓ブログランキング参加しています。応援クリックいただけたら幸いです

スピリチュアル ブログランキングへ

1 件のコメント:

  1. 小沢健二さんは何となく前向きになれる歌詞が多いので、いいなぁと思っていました。
    前世でも詩を創作していたんですね!

    返信削除

コメントは管理人の承認後に表示されます